牛タンの美味しさにも似た仙台の人妻の求人は旨味が多いと評判

これは仙台の人妻の高収入な求人に惹かれ、風俗の仕事を始めた人妻と、旅先の仙台でその女性と出会った男(僕)の話である。
僕が仙台へ一人旅をした時のこと。まず、野球好きな僕が向かったのが楽天の本拠地、「koboパーク宮城」。球場としても、アミューズメントパークとしても楽しめる素晴らしい場所だ。スタッフの求人募集をしてたらここで働きたいと思ったくらいである。その後、色々な仙台の観光地を巡り、ホテルへチェックイン。男がホテルで一人ですることと言えば…そうデリヘルを呼ぶこと。早速、ある人妻専門店に電話した。すると数分後、小柄で豊満ボディの人妻が部屋にやって来た。なんでも、旦那の収入だけでは家計が苦しくて、この店の求人を見つけて働き始めたそうだ。
でも、人妻なのに夜働いて大丈夫なのか?彼女いわく、旦那は単身赴任で仙台に居ないのだとか。ちなみに彼女は地元の女性で、数ある風俗店の中から、このデリヘルを選んだ理由が、求人募集の広告だけでなく、宣伝広告にも力を入れてたから…とのこと。確かにこうして僕が電話したのも宣伝広告が目立ってたから。彼女の選択は間違ってなかった。彼女いわく、女性に優しい待遇で、スタッフも良い人ばかりで、働いて良かった!と心底思ってるそう。良い求人に出会えてよかったね、と僕まで嬉しくなった。そして彼女と情熱的な夜を過ごし、翌日、空港で「冠舌屋(かんたんや)」という店に入った。ここは空港なのに美味しい牛タンが食べられる、と話題の店。やはり仙台の名物、牛タンを食べずしては帰れない!ということで、激旨な牛タンをいただいた。素晴らしい球場、美味しい牛タン、素敵な人妻との出会い…と、忘れられない旅となった。